Architecture

建築士が教える、建築業界で取得すべき建築の資格3選

Architecture
スポンサーリンク

こんにちは、tomikaです。

「建築士になるためには、どんな資格が必要か知りたいな」
「建築に関する資格が沢山あるけれど、どんな資格を取れば良いか分からない」

この記事では、そんな方に向けて『建築士が教える、建築業界で取得すべき建築の資格3選』というテーマで、建築業界で活躍するために取得したほうが良い資格を3つ厳選してご紹介していきます。
建築士として活躍するにはどんな資格が必要か、建築士に必要な資格は何かを知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

この記事が、みなさんの資格取得の参考になってもられば、嬉しいです。

スポンサーリンク

建築士が教える取得すべき建築の資格3選

ここからは、取得すべき資格についてそれぞれご紹介していきます。

一級建築士

建築士として初めに取るべき資格は、なんといっても一級建築士が欠かせません。
建築業界で最高位の資格の1つであり、建築士でなくても、建築業界で活躍する上で、かなり役立つ資格です。
一級建築士を取得する理由としては、建築に関する知識と技術を一通り学べるということがあります。
建築、設備、構造、施工といった幅広い知識を学ぶには、とても良い資格になります。

一級建築施工管理技士

2つめに取得すべき資格は、一級施工管理技士です!

設計と施工の両方を知っておきたいという意味では、この資格はオススメです。

一級施工管理技士を取得することで、施工図面の理解や施工計画などの知識を得ることができるので、とても役に立ちます。

設計を行う上で、施工の知識の無い設計者が増えている中で、施工の知識を持っているかどうかは、とても重要です。

認定コンストラクション・マネジャー

3つめに取得すべき資格は、認定コンストラクション・マネジャーです!

日本ではまだまだマイナーな資格ではありますが、コンストラクション・マネジャー(CMr)という職能は、海外ではかなりメジャーな職能となります。

海外ではコンストラクション・マネジメントを専門で教えている大学もあるなど、建築に関わる上で、役立つ資格となります。

このコンストラクション・マネジャーという職能は、日本でも少しずつ定着してきているため、一級建築士とあわせて取得することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、そんな方に向けて『建築士が教える、建築業界で取得すべき建築の資格3選』というテーマで、建築業界で活躍するために取得したほうが良い資格を3つ厳選してご紹介しました。

どんな資格もそうですが、資格取得には「その資格を取るぞ!」という強い意志と勉強するための時間、そして参考書や問題集、資格学校に通うお金が必要となります。

社会人になると仕事に忙殺されたり、家族との時間であったり、なかなか思うように勉強が進まないことがあると思います。

しかし、自分の夢に必要な資格であれば、何としても取得してもらいたいです。

もちろん資格が全てではありませんが、資格を取得するために努力した結果は、必ずあなたのスキルとして活かされる日が訪れます。

資格を取得し、皆さんが活躍されることを応援しています!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
tomika

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Archithings