Architecture

【解説】だれでもわかる、建築計画に必要な3つの手法

Architecture
スポンサーリンク

こんにちは、tomikaです。

「建築計画を行う上で、どのようなことを考慮すれば良いのだろう・・・」

この記事では、そんな方に向けて『建築計画に必要な3つの手法』というテーマで、建築計画を行う上で必要な3つの手法についてご紹介していきます。

この記事が、建築を計画するための参考になってもられば、嬉しいです。

スポンサーリンク

建築計画の手法について

f:id:ToMiKa:20200118230639j:plain

建築計画を具現化するには、建物を建てるための目的・意図といった建築の形になっていない要件を基に、様々な知識や情報を集約し建築の形に具現化していくことが必要です。

このような具現化していない要件を建築計画にしていくために必要なのが、これからご説明する3つの手法となります。

 建築計画に必要な3つの手法

それでは、建築計画に必要な3つの手法について解説していきたいと思います。

 1.空間のイメージを建築の形に具現化する

「空間のイメージを建築の形に具現化する」とは、建物を建てるための要件を基に、抽象的な図形や図式に置き換えることで、空間の構成を模式図にして、平面計画や断面計画を行いうことを言います。

例えば「玄関の横にウォークインクローゼットが欲しい」「リビングは吹き抜けにしたい」などの要件を基に、平面計画と断面計画の模式的に組み立てていくことが「空間のイメージを建築の形に具現化する」ということとなります。

 2.計画に必要な情報や資料の収集

「計画に必要な情報や資料の収集」とは、 建物を建てる上で必要な建設予定地の情報(近隣環境、道路、採光、電気やガスなどのインフラなど)を現地調査により状況を把握することを言います。

 3.建物の規模や将来の変化を考える

「建物の規模や将来の変化を考える」とは、建物の規模や諸室の規模、設備計画を行う上で、将来の建物利用者の人数や周辺環境の変化を予測し、それを見込んだ計画を行うことを言います。

建築技術やライフスタイルが変化する中で、いかに将来の生活をイメージし、それに対する機能の変化やレイアウトの変更に対する柔軟性について予測することを見込んでおくことが重要であります。

まとめ

f:id:ToMiKa:20200118230731j:plain

いかがでしたでしょうか?

この記事では、そんな方に向けて『建築計画に必要な3つの手法』というテーマで、建築計画を行う上で必要な3つの手法についてご紹介しました。

この記事が、建築を計画するための参考になってもられば、嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
tomika

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Archithings