Goods Life Style

もっと身軽に!コンセントと充電器が1つになったモバイルバッテリーをご紹介。

Goods
スポンサーリンク

こんにちは、tomikaです。

「充電器とコンセントを別々に持ち歩くのは重くて大変だな。]
「充電器とコンセントが1つになれば荷物が減らせるのになぁ。」

みなさんは、普段持ち歩いている荷物を減らしたいと思ったことはありませんか?

この記事では「もっと身軽に!コンセントと充電器が1つになったモバイルバッテリーをご紹介。」というテーマで、コンセントと充電器が1つになったコンパクトなモバイルバッテリーAnker「PowerCore Fusion 5000」についてご紹介していきます。

持ち物を減らして、もっと身軽にしたい方には必見のアイテムです。
これさえあれば、充電器とモバイルバッテリーを別々に持ち歩くことが無くなります!

この記事が、みなさんの毎日を身軽に動くための参考になってもられば、嬉しいです。

スポンサーリンク

Anker「PowerCore Fusion 5000」

f:id:ToMiKa:20200501142612j:plain

「PowerCore Fusion 5000」は白くて少し丸みのあるデザインが特徴的な四角形の物体。
表面には「ANKER」というロゴと充電容量を知らせる3つのLEDランプ、充電ボタンがあるだけのシンプルなデザインとなっています。
表面の素材はマットな質感で、撫でるとサラッとした触り心地が楽しめます。

f:id:ToMiKa:20200501142657j:plain

本体側面には折り畳みプラグが内臓されています。

f:id:ToMiKa:20200501142715j:plain

f:id:ToMiKa:20200501142731j:plain

反対の側面には本体充電用のMicro USBポートが1つと、出力用のUSB-Aポートが2つあります。

f:id:ToMiKa:20200501142746j:plain
本体充電用Micro USBポート×1、出力用USB-Aポート×2

基本スペック

サイズは約72×70×31mm、重さは189g
重さはiPhone11 Proとほぼ同じ重さとなっています。

本体表面にあるボタンを押すとLEDボタンが点灯し、本体バッテリーの残充電量を確認しすることができます。
商品には携帯用のポーチとMicroUSBケーブルが同梱されています。

f:id:ToMiKa:20200501142836j:plain

バッテリー容量

バッテリー容量は5000mAhと、スマホ1回分ならフル充電できる容量があります。
ACコンセントに刺している時は、最大出力10.5W
モバイルバッテリーとして使用する時は最大出力15W(5V=3A)となります。
Ankerの独自技術である「PowerIQ」を搭載しており、通常のバッテリーよりも高速充電が可能です。

カラーラインナップ

カラーラインナップは、今回ご紹介している「ホワイト」に加え、「ブラック」「レッド」の3色があります。

外出時や旅行に大活躍するアイテム

このバッテリーの最大の特徴は充電器とモバイルバッテリーが1つになっていること。

「モバイルバッテリーを持っているけど、コンセントが無いから充電できない」

という問題がこれ一つで解決できます。
このAnkerPowerCore Fusion 5000があれば、外出先でもコンセントがあれば充電することができます。

f:id:ToMiKa:20200501143414j:plain

このモバイルバッテリーの嬉しいところが、Micro USBポートと、出力用のUSB-Aが2つあるため、旅行などの外出時にはUSBケーブルから2台充電することができること。

これ1台持っていれば、本体バッテリー+iPhone1台+他ガジェット1台を1つのコンセントで充電できてしまいます。

これさえあれば、移動時のバッテリー切れコンセント不足には困りません。

f:id:ToMiKa:20200501143432j:plain

持ち物をミニマムにできるアイテム | Anker「PowerCore Fusion 5000」

f:id:ToMiKa:20200501142612j:plain

いかがでしたでしょうか?

この記事では「もっと身軽に!コンセントと充電器が1つになったモバイルバッテリーをご紹介。」というテーマで、コンセントと充電器が1つになったコンパクトなモバイルバッテリーAnker「PowerCore Fusion 5000」についてご紹介しました。

あなたの持ち物を減らして、もっと身軽になるためのヒントになったでしょうか?

このモバイルバッテリーは、持ち物を減らして、もっと身軽にしたい方には必見のアイテムです。
これさえあれば、充電器とモバイルバッテリーを別々に持ち歩くことが無くなります!

あなたの持ち物をコンパクトするアイテム選びの参考になってもらえれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Tomika

スポンサーリンク
スポンサーリンク
follow me
Archithings