Life Style

通勤・通学の時間を短縮することで得られる5つのメリット

Life Style
スポンサーリンク

こんにちは、tomikaです。

みなさんは通勤・通学にどのくらいの時間を使っていますか?
往復で1時間、2時間という時間を通勤・通学時間に使っている方も多いと思います。

「朝の満員電車に乗るのが苦痛で、できれば乗りたくない」
「通勤や通学時間を減らすことで、どんなメリットがあるんだろう」

この記事では「通勤・通学の時間を短縮することで得られる5つのメリット」というテーマで、通勤や通学時間を減らすことの5つのメリットについてご紹介していきます。

「通勤や通学時間を減らすことで、どんなメリットがあるのだろうか」
「通勤や通学時間を減らすとどんなことに時間を使えるのだろう」
と思っている方の、参考になっていただけたら、嬉しいです。

スポンサーリンク

通勤・通学の時間を短縮することで得られる5つのメリット

通勤時間や通学時間を減らすためには、なるべく職場や学校の近くに住むのがおススメです。

近くに住めば、通勤や通学に充てていた時間を、自分の時間として使うことができます。

具体的にどのような自分の時間を持つことができるかご紹介していきます!

帰宅するのがラクになる

職場や学校が近いので、帰宅する時間を短くすることができるため、家に帰るのが楽になります。

飲み会や学校の課題で遅くなってしまっても、通勤や通学時間が短いので、本来なら通勤や通学時間に充てていた時間で調整することができます。

睡眠時間が増える

仕事や勉強の効率を上げるためには、睡眠時間はとても大切です。

会社や学校の近くに住めば、通勤や通学時間として使っていた時間を睡眠時間として使うことができます。

睡眠時間を多く確保したいのであれば、通勤・通学時間を減らすために会社や学校の近くに住むことを考えてみてはいかがでしょうか?

満員電車に乗らなくて良い

おそらく、これが一番のメリットかもしれません。

会社や学校の近くに住むと、通勤・通学の移動手段が徒歩や自転車など、電車を使わないで通うことができるようになります。

朝の電車は混んでいることもあり、電車内の雰囲気も良いものでもありません。
知らない人と肩がぶつかる距離にいるせいか、乗っているだけで気を遣ってしまいますよね?

朝の満員電車から解放されるのは、心身共にストレスが減るでしょう。

また、電車の時間に合わせて家を出る必要がなくなるので、予定していた電車に乗れなかったり、電車の遅延といった小さなストレスが無くなります。

会社や学校からすぐに帰れる

仕事や学校の課題などで夜遅くになってしまい、家に帰る時間が遅くなってしまうことがあると思います。

クタクタになっている時に、長時間、電車に乗って帰るのは大変ですよね?

そんな時でも、会社や学校の近くに住んでいれば、帰宅時間を短くすることができます。

通勤時間が短くなることにより、通勤時間が仕事に充てられ、もしかしたら定時で帰宅していたのと変わらない状況をつくることができます。

自分の時間が増える

通勤や通学に充てていた時間を、減らすことで、自分のプライベートな時間を増やすことができます。

帰宅後にゆっくりと過ごしたり、好きなことをしたり、資格の勉強をしてスキルアップを目指したりなど、色々なことに時間を使うことができます。

通勤や通学時間を減らし、自分の時間をつくろう

いかがでしたでしょうか?

この記事では「通勤・通学の時間を短縮することで得られる5つのメリット」というテーマで、通勤や通学時間を減らすことの5つのメリットについてご紹介していきました。

「通勤や通学時間を減らすことで、どんなメリットがあるのだろうか」
「通勤や通学時間を減らすとどんなことに時間を使えるのだろう」
と思っている方の、参考になっていただけたら、嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
tomika

スポンサーリンク
スポンサーリンク
follow me
Archithings