Book

書籍 | ジミー『君のいる場所 Separate Ways』すれ違う二人の運命の行方

Book
スポンサーリンク
ジミー・リャオ『君のいる場所 Separate Ways』

今回は暖かい気持ちになれる絵本をご紹介したいと思います。

その絵本は『君のいる場所 Separate Ways』

読んだ後に暖かい気持ちになれる絵本です。

スポンサーリンク

作者「ジミー」について

この本の作者であるジミーについてご紹介します。

ジミー・リャオ/台北在住の絵本作家
1998年より絵本の創作を始める。1999年に発表した「向左走・向右走」「聴幾米歌」「月亮忘記了」の3部作は、その驚くべき創造力と叙情的スタイルで台湾に一大絵本ブームを巻き起こした。
創作開始から2年で8つもの賞を立て続けに受賞。作品はアメリカ、ドイツ、フランス、ギリシャ、韓国などでも翻訳出版されている。

この本のあらすじについて

思う気持ちは同じなのに、互いの声は届かない…。
人々が心に持つ光と影を鋭くみつめ、季節の中で移ろいゆく彼と彼女の心情を、詩情豊かに繊細なタッチで描いたラブストーリー。

原題のタイトルは『向左走・向右走』

金城武主演で『ターンレフト・ターンライト』というタイトルで映画化もされているこの作品。

映画で描かれている世界観も、絵本の世界観を上手に映像として表現しています。

ターンレフト・ターンライト(字幕版) (プレビュー)

すれ違う二人の運命の行方は?

ストーリーの舞台は台北の街。
右に曲がる癖のあるバイオリン弾きの彼と、左に曲がる癖がある翻訳家の彼女はマンションのお隣さん。
朝出かける時に彼は右に、彼女は左に。
日常の中で二人の主人公が抱える、生きることに対する閉塞感や無力感。
出会うはずのなかった二人ですが、ある時、運命的な出会いを果たします。
自分が何になりたいのか、どこに向かっているのか分からないという不確かな未来への不安。
そんな日常の中でで運命的な出会いを果たした二人。
まさに運命の人に出会えたと喜ぶ二人でしたが、交換した電話番号のメモは雨で滲み、読めなくなってしまいました。
まるで何かのいたずらで細いつながりが切られてしまう。
会いたいのに会えない。まるで運命の糸が切れたみたいに思えた二人。
二人は出会えるのか・・・

美しいイラストと繊細な配色、シンプルな文章で構成されたこの絵本は、大人向けのラブストーリーです。

スマホで簡単に連絡がとれる時代、こんな切ない気持ちになれる絵本に出会ってみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
tomika

スポンサーリンク
スポンサーリンク
follow me
Archithings