Life Style

モノに統一感を持たすことの3つのメリット

Life Style
スポンサーリンク

こんにちは、tomikaです。

「バラバラに分かれているモノが1つにできたらなぁ」
「これとこれが1つにできたら良いのに・・・」

皆さんは、部屋を片付けている時やカバンの中を整理している時に、このように思ったことはありませんか?

この記事では「モノに統一感を持たすことの3つのメリット」というテーマで、モノを統一することの3つのメリットをご紹介していきます。

この記事が、皆さんの暮らしの参考になっていただけたら、嬉しいです。

スポンサーリンク

モノは統一感が大切!モノに統一感を持たすことのメリット

それではモノに統一感を持たすことの3つのメリットについてご紹介していきます。

2つあるモノを1つにまとめられないか考えよう

皆さんの持ち物の中で、似たようなものはありませんか?

それらを1つにまとめられるかどうかを考えてみましょう。

小物類であれば、意外と同じようなモノや1度も使ったことのないモノを持っていたりします。
そういった同じ機能のモノであれば、自分のお気に入りのモノだけを残して処分してしまうというのも、持ち物が減って気持ちが良くなります。

特にデジタル機器に関しては、様々な複合的な機能を持ったモノがあります。
たとえば、スマホをよく使う方であれば、モバイルバッテリーは必需品となっていると思いますが、モバイルバッテリーの充電を忘れてしまった!
なんてこともあるかと思います。
そんな時のために、充電器も持ち歩いているという方もいると思います。

そうすると持ち物がモバイルバッテリーと充電器という2つのモノを持ち歩くことになりますが、以下のようなモバイルバッテリーと充電器を持つことで、持ち物を1つにすることができます。

モノがコンパクトにならないかを考える

モノを選ぶときの基準は色々とありますが、コンパクトにならないかという視点も大切です。
モノをコンパクトにできれば、部屋の占有スペースが減ります。

たとえば、お風呂に入るときに使っているバスタオルをフェイスタオルに変えるということでバスタオルよりも収納スペースをとらず、コンパクトにすることができます。

また、バスタオルであればお風呂の時にしか使えませんが、フェイスタオルにすることでお風呂だけでなく、洗面所の手洗いのタオルに使えるなど、活用用途が広がるため、コンパクトかつ色々な使い方ができるようになります。

いままで当たり前に使っていたモノですが、人によっては生活スタイルも使っているモノも違うため、何が必要で何が不要かは人それぞれ違います。

大切なことは、自分にとってどんな暮らしをしたいか、どんな空間が心地よいかを見直すことです。

もし今持っているモノの中でしっくりきていないものがあれば、自分の持ち物を見直すチャンスです。
どうしたら改善できるかと同時に、1つにまとめることはできないか、コンパクトにできないかと考えてみてはいかがでしょうか?

同じテイストやブランドのものにまとめてしまう

モノを減らすことができても、何だか部屋の中がスッキリしないのは、部屋の雰囲気が原因かもしれません。

それぞれの家具は気に入っているのですが、全体のテイストがバラバラだと、部屋全体に統一感が無くなり、何だか雑然とした部屋になってしまいます。

そんなときは、部屋の家具や小物を同じテイストやブランドでまとめてみてはどうでしょうか?

同じテイストでまとめることにより、部屋全体の雰囲気を損なわずに統一することができます。
また同じ色味で合わせることも効果的です。

モノに統一感を持たせ、気持ち良く過ごそう

いかがでしたでしょうか?

この記事では「モノは統一感が大切!モノに統一感を持たすことのメリット」というテーマで、モノを統一することの3つのメリットをご紹介していきます。

あなたの持ち物を見直し、シンプルに暮らすヒントになったでしょうか?

この記事が、皆さんの暮らしの参考になっていただけたら、嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
tomika

スポンサーリンク
スポンサーリンク
follow me
Archithings