Book

書評 | 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』黒髪の乙女と闊歩する京都の夜

Book
スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都を舞台に、黒髪の乙女と先輩が駆け巡る恋愛ファンタジー

今回ご紹介するのは、実在する京都の町を舞台に、個性豊かな登場人物たちが縦横無尽に活躍する森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』

古風でリズムカルな言葉で綴られた、独特な世界観に満ち溢れた作品です。

みなさんも、彼らと京都の夜を闊歩しませんか?

著者 森見登美彦について

この本の著者である森見登美彦についてご紹介します。

1979年、奈良県生まれ。

京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。

2003年『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。

07年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。

他の著書に『四畳半神話大系』『きつねのはなし』『有頂天家族』などがある。

この本のあらすじ

f:id:ToMiKa:20200224112833j:plain

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

軽妙な語り口と言葉のチョイスに溢れた、独特な世界観に浸ろう

実在する京都の町を舞台に、個性豊かな登場人物たちが縦横無尽に活躍するこの作品。

黒髪の乙女と「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」の両者の視点で語られるストーリーがとても秀逸です。

軽妙な語り口と言葉のチョイスでテンポよく繰り広げられる数々の事件は、呆れるほどの阿保と愛おしさに満ちており、登場人物をより際立たせています。

とっても濃厚なストーリー展開でありながら、読んだ後にサッパリとした印象を与えてくれるこの作品。

まさに青春時代の甘酸っぱさや穴があったら入りたい位の恥ずかしさが盛り沢山です。

本の世界観をアニメでも楽しもう

こちらの作品は、アニメ化もされています。

本の世界観を上手に残しながら、個性豊かな登場人物たちがコミカルに動きながら縦横無尽に活躍するのは、アニメだからこそ楽しめる。

気になった方は、アニメもご覧ください。

『夜は短し歩けよ乙女』予告編

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
tomika 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
follow me
Archithings