Architecture

『建築』って何?言葉の意味について、わかりやすく解説

Architecture
スポンサーリンク

こんにちは、建築士Tomikaです

皆さんは『建築』という言葉の意味を理解し、具体的に説明できますでしょうか?

「建築って建物のことでしょ?」
「建築って建物を建てることじゃないの?」

日常の中で、何となく理解している言葉って、けっこう多いですよね?
そこで、今回は『建築』という言葉の意味について解説していきます。

『建築』という言葉について、改めて理解を深めるきっかけになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

『建築』とは何か?

『建築』とは、建築物を新築、移転、増築することをいいます。
これは、建築基準法(第2条十三)で定義されたものであり、以下のように定められています。

建築基準法 第2条十三
「建築 建築物を新築し、増築し、改築し、又は移転することをいう。」 

簡単に説明すると、『建築』という言葉の意味は、以下の4つに定義されています。

『新築』

新築とは、敷地に建築物が無い状態(更地)の部分に、建築物を建てることをいいます。
何も建っていない敷地(更地)に、新しく住宅を建てるようなイメージが分かりやすいと思います。

『増築』

増築とは、敷地に建っている建物に、更に建物を建てることをいいます。

1つの建物の床面積を増やす場合は増築となります。

また、同じ敷地内に建っている建物とは別に、新たに建物を建てる場合も増築となります。
これは「集団規定」「単体規定」という2つの規定がによる考えの違いによります。

「集団規定」「単体規定」については、簡単に説明すると

「集団規定」は、都市計画法と関連して、建物と周辺環境の関係を定める規定。
「単体規定」は、個々の建築物の安全性や居住性を確保するための規定。

この「集団規定」と「単体規定」はかなり複雑なので
「集団規定」は建物を敷地の外(外部環境)から捉えた場合
「単体規定」が建物のみを捉えた場合
と考えてもらえれば良いと思います。

『改築』

改築とは、敷地内の建物の全て又は一部を除却し、以前の用途や規模、構造が著しく異ならないものを行うことをいいます。

建物の使い方(用途)や面積(規模)、構造(主要構造である壁、柱、梁、屋根、階段等)を変えず、部屋の間取りを変更することをイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

『移転』

移転とは、敷地に建っている建物を別の位置に移すことをいいます。

敷地内に建っている建物を、同じ敷地内の別の位置に移すことイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

ちなみに敷地内に建っている建物を、「別の」敷地に移すことを『移築』といいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『建築』という言葉の意味について解説しました。
このように、『建築』はいくつかの定義に基づいて成り立っています。

簡単に説明しましたが、『改築』、『増築』の説明を見ても分かる通り、とても定義が難しいものです。

少しでも『建築』に対する理解が深まってもらえたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
tomika 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Archithings